プログラミング「で」何を学ぶのか ①

こんにちは。小学生のための地域密着型プログラミング教室 『Tech kids Home teacher 埼玉西大宮教室』の冨田晃子です。


『第4次産業革命』へ向けて2020年から小学校でもプログラミングを必修化する方針を政府が発表して以来、TVや新聞等の各メディアで取り上げられることも増え、小学生対象のプログラミング学習もますます注目度が高まっています。

ありがたいことにTech Kids Home Teacherの各教室にも沢山の方に体験会への御参加、お問合せを頂いております。

先日体験会にご参加頂いた保護者さまに「プログラミングを習ったら、技術として具体的にどこまで取得できるのか、算盤の様に級や段があるのか?」と尋ねられました。
もちろんプログラミングには現段階で等級や段のようなものもありませんし、「1年間続けて頂くと背景を歩いているかの様に動いしたり、クローン機能を使いこなしてシューティングゲームを自分仕様に自由に作れたりしますよ!(例えばです)」と答えるのも的が外れており、少し悩みましたが「「scratch」のブロックを積み上げることによりプログラムの概念を取得し、タイピングによるプログラミングへ移行がスムーズになります」とか「ゲームを動かすためには正確にコンピュータに指令を伝えなければならず自然と理論思考が身につく」、「夢中になれるものにトライする事で物事を作り上げる本質を学んでいけます。」とお伝えしました。
たぶん保護者さまからしたら、私の回答は満足いくものではなかったと思います。



昨日から朝日新聞の教育欄の「いま子どもたちは」でプログラミング学習についての特集記事が数日に渡って組まれるそうです。
題名は『プログラミング[で]』
”プログラミング[を]学ぶのではなく、プログラミング[で]何をまなぶか。”子ども達の姿を追う記事になるそうです。

きっと そうなのだと思います。
プログラミングは目的ではなく、手段であると思います。
プログラミング[で]新しいものを作るためにプログラミングを知るのだと、そう思います。
朝日新聞 「いま子どもたちは-プログラミング「で」」第1回目はTech Kids School卒業生中馬慎之祐くんが掲載されています‼︎


◎朝日新聞DIGITALの記事はこちらから







小学生のための地域密着型プログラミング教室『Tech Kids Home Teacher 埼玉西大宮教室』では、ビジュアルプログラミング言語『scratch』を使ったゲーム開発で「楽しい!」「もっとやりたい‼︎」を引き出し、子供たちが「自ら学ぶこと=楽しい‼︎」が当たり前になる 。そんな教室を目指します!
《 西大宮教室では引き続き若干名の生徒を募集しております。
残席の少ないクラスもございますのでご希望に沿えない場合もございますが、ぜひscratchを体験して頂きたいです!
体験会へのご参加をお待ちしております。
お問合せはお気軽にどうぞ。》
《プログラミングに関する本も閲覧頂けます》





Tech Kids Home Teacher 埼玉西大宮教室

Tech Kids Home Teacherは、日本最大の小学生向けプログラミングスクール「Tech Kids School」認定講師が運営するプログラミング教室! 西大宮教室はその埼玉県唯一の教室です。 ビジュアルプログラミング言語『scratch』を使ったゲーム開発で、子ども達が持つ「自ら学ぶこと=楽しい」を引き出そう‼︎

0コメント

  • 1000 / 1000